学校経営


  学校教育目標

「 主体的に学び 人間性豊かで たくましく生きる生徒の育成 」

〔めざす生徒の姿〕

     自ら学び自ら考え行動する生徒

     豊かな心と思いやりをもつ生徒

     心身ともに健康なたくましい生徒


2 学校経営の方針

(1)知・徳・体の調和のとれた生徒の育成をめざし,教育基本法及び関係法令・学習指導要領・山梨県学校教育指導重点・新やまなしの教育振興プラン・韮崎市教育指標・地域の特性・生徒の実態・保護者の願いなどを十分に考慮し,創意あふれる特色ある教育課程を編成して確実な履修に努める。

(2)教科・道徳・特別活動及び総合的な学習の時間の指導に工夫を加え,基礎的・基本的な内容の確実な定着を図りつつ,自ら学ぶ意欲や態度を育てるよう個に応じた指導をする。

(3)ふれあいを大切にして生徒理解に努め,思いやりの心情を高め,望ましい集団生活や楽しい学校生活が送れるよう,一人一人の生徒に目を向けた教育活動を推進する。

(4)体育・スポーツを積極的に推進して身体と心を鍛えるとともに,個に応じた指導により健康・安全・よりよい生活習慣に関する理解と実践力を育て,進んで自他の生命を大切にする生徒の育成を図る。

(5)教育における不易と流行を見定め,教育の実践者・専門職としての誇りと責任を自覚し,日々の実践と研修に努め,常に課題意識と情熱をもって教育の推進に全力であたる。。

3 努力点


・基礎,基本の定着と考える力を伸ばす教育に重点をおいて指導する。
・学習意欲と表現力を高める指導計画,指導方法の工夫,改善に努める。
・しなやかな心を育み、バランスのとれた心の成長を図る。また、充実した楽しい学校生活が送れるよう教育活動全体を通して道徳教育に取り組む。
・生徒と深く関わり生徒理解に努める。また、家庭との連携を密に行う。
・信頼される学校づくりに努める。

4 職員研修

1 研究主題  積極的に活動し,自分の考えを表現しようとする生徒の育成

〜 言語活動の充実を通して 〜

2 研究の概要

(1)言語活動の充実を図った授業づくり

(2)授業づくりの視点をもとにした授業実践による検証

(3)指導案の工夫

 (4)学習アンケート実施による検証

 (5)互いを認めあえる(安心して話ができる 何でも言い合える)学級集団づくり

(6)学校全体における言語環境の整備

 (7)読書の推進(語彙の拡充のために)

(8)公開研究会の実施